« 価格破壊? | トップページ | またやっちった。 »

2008年11月18日 (火)

部屋の中でも外出着。

昨夜、起きる予定だったにも関わらず、爆睡。
そりゃ~もう爆睡。
起きたら既に翌日の昼前ですよ、何時間寝てるんだよオレ!(苦笑)
風邪は未だ現状維持よろしく(?)咳と鼻水が出まくっとります、もしかしてもう薬が効かなくなってんのかな?
やりたい事があったけど、とりあえず休養っつーか養生してたと思えば仕方なくも…ないか、治ってねぇし。(がっくし)
それはともかく。
今日は何かえらく冷え込む予報が出てる様っすな、携帯に届いてる天気予報では前日比マイナス6℃とかって書いてあるし。
あまりにも寒いので、部屋の中だっつーのに靴下2枚履いてしまったオイラですよ。(爆)
勿論、上着だって外出時と何らかわりない程着込んでますよ、どんだけ寒がりやねん。
こりゃもう絶対、夜までには灯油を買いに出かけないと死にますな、凍死で。

さてさて、とにかく起きた事だし、この前から書くつもりで書けなかったネタなぞを消化していきましょうかねぇ~、あ、下手な駄洒落になっているぞ、しょうか~ぁ。(笑)

まず、覚え書きはコレ↓
サザエさん、ひぐらし、Yさんとの会話、時代背景。
オイラ的には流したくない、のたまいたいネタ。(謎)
ツッコミは愛あればこそ。(意味不明)

んで、先に言い訳よろしくのたまっておくべき事、重要ポイントを述べておきます。
決して批判しているワケではない、っつー事。
ツッコミ入れたくなるのは愛あればこそ、で、オイラが「へたれ萌え」だったり「落とされキャラ好き」だったりするのもそこに通ずるものなんすよ、って事。
ではいってみまひょー。

えー、マイミクのシュウさんに「ひぐらしのなく頃に」を勧められた事からまず始まるのねん。
「ひぐらし」のタイトルは当然知ってたけど、内容を全く知らんかったオイラ、ひとまず勧められた漫画の最初の方を買ってみまちた。(財政的問題で全部を一度には無理なのでね)
そもそも同人ソフトが大元だっつーのを知らんかったので驚きましたが、同人が原作でそれが後に各メディアにてあれだけの展開を見せるってのも凄い事だよね。
オイラ、推理モノにはとことん才能(?)が無いので、例えば刑事コロンボとか(例えがすげぇな)最後まで観ないと真相がわかんないアホなのねん。
ほら、あれもだけど、古畑…何だっけ、忘れた(おぃ)も、一応ドラマの冒頭でヒントよろしく頭の良い人が見れば真相が分かるつくりになってるっしょ?
まーそんなこんなで、「ひぐらし」も、今んとこみた(読んだ)分だけじゃ全然謎が解けてないんすよ。
因みに、今手元にあるのはコミックスの「鬼隠し編」と「綿流し編」と「祟り殺し編」で、どっちにしてもまだ前半ともいえる部分でしょ。
で。
実はぶっちゃけ、今回ネタにするのは、そーんなストーリーには全く関係無い部分。(おぃおぃ)
それは時代背景、設定のお話なのです。

「ひぐらしのなく頃に」は昭和58年(と数年前のエピソードからなる)の物語。
昭和58年…オイラは既に生まれ、小学生をやっとる頃ですかな。(爆笑)
舞台になる雛見沢は山間部の村、所謂田舎の中の田舎「キングオブ田舎」って設定なんすが、この時代、ここまで田舎じゃなくても、オイラが住んでる地域にだってコンビニやファミレスは無かったよ!(爆笑)
そして私服でこ~んな可愛いデザインのワンピ着てる子だっていなかったよ!みたいな。(レナのことです/笑)
「萌え」なんて単語も勿論この時代には無く、エンジェルモートみたいな制服の店が存在するわきゃ~ないのです!(力説)
そう、それがたとえ雛見沢でなくお隣の町って設定だったとしても。東京都心ならまだしも、有~り~得~な~い~。
この辺は流石、同人ゲーとでも言うべきか、「そんな細かい時代設定なんか無視だよ、萌え要素入ってなくてどーするよ」って感じがビシバシな訳っす。(そうか?/爆笑)
メイド服だの、猫耳だの、オイラの記憶では流行り出したのはもそっと後の時代の筈なのでね。(若い人にはわかんねぇだろうな~)
そもそもオイラ自身、読んでる最中(あと、一応お試しで鬼隠し編はゲームをプレイしてみました)そんなのに気にならない程(ようはハマりながらやってる?)だったんすが、後で絵を描く資料探しのためにパラパラ流し読みしてると色々と時代背景の矛盾さに気が付いてしまったんすよね。
ツッコミドコロが満載だった訳デス。(笑)
んでんで。
実はここから更に無駄にネタを展開。(すな)
オイラってば常人より記憶容量が少ないので物覚えが非ッ常~に悪いのですが、同年代、もしくはそれ以上の世代の方々で記憶力が良い人は大勢いらっしゃる事でしょう。
出来れば覚えてる時代的なお話なぞ聞かせてくんないかな~みたいな。(おぃ)
つーても、オイラが自分のブログでのたまってるだけなんで(コメント入れてくれる人が限られてるので)そんなに色んな話は聞けない可能性の方がデカいんすけどね。(笑)
今んトコ、ひぐらしの中で沸いた俺的ささいな疑問は「昭和58年に、高所得な家庭を別として、一般庶民の家庭に電子レンジは存在してたのか否か」かなー。
あと、「子機付きの電話ってあった?あったとして一般家庭に普及してた?」ってのも。
因みにうちには無かった。(ついでにビデオも親子電話(※子機どころじゃなく有線の)も留守番電話も無かった)
現在なら確かにどこの家庭にもある筈の電子レンジ、冷めた食事を温めるには大活躍ですが、この頃果たしてどのくらい普及してたのか?
ふっ、情報求む!(本気で)

覚え書きにサザエさんともあるので、そっちの話も。
サザエさんを知らない日本人はおそらくいないでしょう、って事で話を進めまっせ~。
サザエさんちのような大家族で暮らす世帯はそれこそ少なくなってますが、実はサザエさんのアニメ中も微妙に細かい部分が現代風になってますよね、ってネタ。
テレビを見ないオイラは藍姫と話をしてて知ったんだけどね。(笑)
例を挙げると、連載は当然としてアニメ放映開始時には絶対無かった描写が増えてるのですよ!
電車通勤のマスオさん達、いつの間にか自動改札になってる!?(余談だがオイラの在住地域には未だ導入される気配が無い最新機器だ/爆笑)
他にも家の前の道路が舗装されてる、とかね。
ねぇねぇ、携帯電話使うシーンとかも出てくんの?(本気で質問してます、誰か答えを望む!笑)

話がまとまらないまま(まとめる能力はオイラにはナイ/コラ)更にネタ展開~。
Yさんとのちこっと前の雑談から。
ちろっと昔の話になって色々と雑談をしとったんすが、驚く事にYさんってばギリギリ昭和生まれ(あと少しで平成生まれって感じ)のくせに、えらく昔の事が通じるんだよ、すげぇよ。
テレビは昔リモコンなんて無くてチャンネルだったよね、っつーと、ガチャガチャ回すと真ん中からスポンと取れたりしますよねー、って返せるんだよ、凄いとしか言いようが無いっしょ。(爆笑)
しかもYさんは昔のテレビに足が付いてた事を覚えてるらしい。(今は台に乗せるもんね)
電話が黒電話でダイヤル式だった事を話せば、俺んちはそうだったけど、同級生にはあのダイヤルの回し方知らないヤツがいましたよ、とも。(指をひっかける穴を一生懸命押してかけようとしたらしい)
そういえば何故かどこの家も玄関に電話がありましたね、とも。
そうそうそうそう!!(笑)
つーかうちは未だに玄関にあるけどな。(苦笑)
洗濯機が二層式だったのも最近の若い人は知らんのだよね。
あれぇ、そういえばシュウさんも二層式の洗濯機の使い方がわからんかったよーな…もう一人の「よ」の付く人の方だったかな?(うろ覚え)
電化製品が一番時代の流れが分かるアイテムですな、ほんまに。(笑)
そのうちカセットテープが通じなくなる世代も社会人になって益々ジェネレーションギャップを感じるんだろうなぁ。(しみじみ)

ついでなので更に。
昭和58年と言えば。
AE86で分かる人は分かる、頭文字Dに出てくるハチロク、トヨタのカローラレビンとスプリンタートレノの最後の後輪駆動モデルが出た年でもありますよ!
AE80シリーズには当然、通常のセダン、主力のカローラやスプリンターもあるんすが、4枚ドアの主力はこの型式から前輪駆動になっちまい、当初はレビンやトレノも前かきになっちゃうんじゃないかって噂が出たらしいっすね。
2ドアクーペや3ドアハッチバックのスポーツモデルだけを後輪駆動で出した結果があのハチロク人気に繋がった事は言うまでもありまへんな。(後の人気はそれ以外の要素が大きいと思われるが/笑)
以前既に書いたネタっすが、時代背景、時代考証っつーのは案外と大事なもんです。
小説、漫画、アニメ、ゲーム、映画…どれにも共通するけど、それが完全フィクションっつーか、想像の世界(つーてもファンタジーですら何らかの設定上の考証は必要なのだが)ではない限り、世界観を見る人読む人に納得させる為に必要な要素ではあるワケっす。
その年代のお話にはその年代のものを登場させる、手法と言えばそんだけのコトだけど説得感、納得感があるじゃないですか。
因みに以前ハチロクをネタ出ししたエントリーは映画クライマーズ・ハイの話でした。
参考記事→
あ、誓って「ひぐらし」を批判してるワケじゃないっすよ、本当に。
現に、設定がある程度いい加減でも楽しめるものは多いし、それ以上に作品そのものが素晴らしいからこそのあれだけのメディア展開があり、ファンの数の多さが裏付けをしてくれてますからね。
余談っすが、長寿番組の「水戸黄門」なんて、方言をはじめ考証なんて無視な部分だらけですからな~。(爆笑)
あ、また話がズレてら。
よいせ。(←戻してるみたいデス)
ハチロク…AE86のレビトレはドアミラーの車っすが、実はこの頃ドアミラーが出始めた頃で、新車(ニューモデルって意味で)以外、道路を走ってる自動車の多くはフェンダーミラーでした。
なので、大石刑事の車もフェンダーミラーじゃないの?ってオイラはツッコミ入れてしまったり。(←しつこいけど批判じゃないヨ、愛です/笑)
つーか…こんなツッコミ入れてるヤツってオイラくらいなのかなぁ、皆は気付かない年代なのかなぁ。(苦笑)

「ひぐらし」とは全く関係無いけど、昔の車って普通車で105km/h、軽自動車で85km/hを超えると速度警報音が鳴ったよね。
知ってる?覚えてる?(笑)
いつの頃からあの警報音が無くなったんだろー?
ハチロクは「キンコン、キンコン♪」ってしょっちゅー鳴ってましたよ。(爆笑)
軽はピー、ピー、って音が多かったなぁ。
今乗ってる愛車は平成の車なので勿論鳴らないんだけど、あの懐かしい音、聞きたいなー。(←鳴ってる時点で道交法違反だってのはこの際スルーで)

オイラがネタ出ししてない他の懐かしい話等もあれば是非聞きたいぞ!
お友達の方も、そうでない初めてなお方も、お気軽にコメントよろしくお願いしまっす!
…とか書いてもそうそう初めてさんのコメントが望めないのは承知しとるのですがね(苦笑)

ではでは、書きたかったネタも消化出来たので、久々に溜まりまくったメールチェックでもしますかね。(全部は無理だろうけど/笑)

にほんブログ村 人気ブログランキング

|

« 価格破壊? | トップページ | またやっちった。 »

コメント

昭和58年、我が家には多分電子レンジがあったと思うけど、但し、今みたいにコンパクトではなくて、めちゃめちゃ巨大だった。
三洋電機の多分1号機だろうと思われ。
値段が今の10倍以上だったし。

投稿: 藍姫 | 2008年11月18日 (火) 18:19

おじゃまします。
昭和58年の時代を生きてないんで全然知らないですがたぶんなんやかんやでひぐらしに出てる主人公とヒロインたちは金持ってますから買えるんじゃないですか?その時代にそれがあったかは知りませんけど。あと確か同人ゲーで思い出したのが「月姫」っていうのも漫画とアニメにされてまして確か面白かったような気がします。用はそこに萌えがあればいいんです

投稿: シュウ | 2008年11月18日 (火) 23:40

わが実家は、よそ様んちより、家電が投入されるのが数年遅れておりました。電子レンジを入れたのが、63年頃。でも、それよりかなり前に友達の家にはあったはずです。
ちなみに実家の洗濯機はまだニ槽式です。たぶん20年ものではないかと思われ。
私はニ槽式も好きですよ。

投稿: たままる | 2008年11月19日 (水) 15:44

>藍姫
にゃはは、藍姫タンの初コメ
だいたい1号機って時点で一般家庭に普及してない事が判明したね、ウン。
電化製品って出た当初って凄い高いよね~!
そのうち地デジのテレビも安くなるだろうと…待ってんだけど、やっぱまだ先かのぅ。(苦笑)
そう言えばね~、ビデオの話なんだけど、HさんとFさんもベータ派(?)だったらしいよ。
Fさんが今日、「当時うちは裕福だったんで(笑)」って言ってたー。


>シュウさん
おぅ、いらはい!(笑)
確かにな、ああ、そうだろうとも、チミはオイラより全然若ぇからな、そらまだ種すらなかろう。(笑)
あー、レンジはあった可能性上がったね。子機は微妙に無さげだが。
>萌えがあればいいんです
↑この言葉に全てが集約されとるな。(爆笑)
最初の頃「萌えがよくわからないんですけど」とか言うてたのが嘘の様な進歩じゃ。
あ、ちなみに褒めてるから。(笑)


>たままるさん
実家の洗濯機が20年ものかもしんない、っつーのは凄いですな!(驚愕)
確かに昔の家電は10年以上、平気で使えてたけど20年ってのは凄い。
二層式の洗濯機、実は今でも新品が買えるんすよ、知ってました?(笑/カタログには1機種くらい残してあるっぽい)
洗濯のサイクル(量ではなく回数?)が早いっつーか多い家庭だと実は二層式の方が便利な時ってありますよね。

我が家もたままるさんとこと同じで、よそ様んちよりありとあらゆるものの導入が遅かった家庭っす。
オイラが社会人になってから一生懸命買い換えしたものが多数。(新しい方が電気代だって安いのに、動く間は絶対買い換えない年寄りが主導権握ってるので/苦笑)

投稿: ちさと | 2008年11月20日 (木) 01:12

すんごい日が経ってからだけど、補足的に追記しちゃったりなんかして。(爆笑)

いや、実は検索で結構ちょこちょこあんだよね、「ひぐらし、時代考証」ってのが。
試しにオイラも改めてやってみたのさ。(検索を)
そしたら案の定っつ-か何つーか、時代考証がなされてない事について批判的な意見が結構目立ったって事。
因みに、原作に対しては少ないんだ。(同人ゲームだからそんなに文句は出ないんだろうね)
商業ベースとして、二次メディア…つまり色んなゲーム機用に移植されたソフト、アニメ、漫画等に「もっと時代考証を確かにしてから世に出すべき」みたいな意見が多い訳さ。
あと、検索で見つけたものの中に、掲示板で原作者自身が時代考証に関して語ってる部分も発見。
「自分達の知らないちょっと昔の…嘘をついても」(※部分略)っておっしゃっておられました、ああ、分かってらっしゃるのね、やはり。(笑)
ま、あれですな、原作者には罪は(そんなに)無いけど、多人数で制作しててそれなりに作れる筈の業者が手を抜いたらあかんよね。(漫画って微妙かもしらんけど、編集や担当さんがそこはもちっと考えるべき)
あ、この追記でも誤解無き様力説しときますが、シナリオ(ストーリー)の秀逸さは多くの方(時代考証について批判してる方も)が褒められてますんで。

この時代有り得ないと判明したものを参考までに。
▲コードレス電話
▲主人公の腕時計(Gショック)
▲萌え要素として登場するものの殆ど
他、微妙なもの。
△一部車種のドアミラー
△作中描写があるかは不明だがペットボトル飲料(この時代は存在していない)
△タイプライター(官公庁でさえ殆ど所有していない超高価品だったらしい)
他にもいくつか挙がってたけど忘れちった。
「萌え」を求めない多くの一般ユーザーもゲームはするし、年齢層はそれこそコンシューマーになれば幅広い訳で、メディア展開するならやはりこういった考証は大事なんだって事やね。
オタクや若い人以外にも浸透するのが一番良いってのはジブリ作品が良い例だからして。

投稿: ちさと | 2008年12月12日 (金) 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部屋の中でも外出着。:

« 価格破壊? | トップページ | またやっちった。 »