« 垂れ流し…愛…その1 | トップページ | 垂れ流し…愛…その3 »

2009年3月24日 (火)

垂れ流し…愛…その2

前記事の続きでキャラ話。
ネタバレ考慮一切無し。
文面に統一性無し、言いたいコト垂れ流し。

●天の青龍
プレイ前から既に風早に惚れてましたから!(爆笑)
主人公を幼い頃から育てた、って時点で既にツボってますから。
家族同然ですよ、ハッキシ言って、ゲーム中にプレイで天秤揺らしたりせんでも絆なんてフル満タン同然な間柄じゃんか!みたいな。(それじゃゲームにならんが/笑)
現代でメガネ教師してたりとか、絶対狙ってるよな、コーエーさん。
他キャラ攻略中に彼がどんな想いで主人公を見守ってるのかとか考えるともう転がるしかないよ、叫ぶしかないよ!(←アホだ)
通常EDの時点の切ない場面とか死にそうだったよオレ!!
つーか、風早を死地に赴かせる狭井君に殺意が抑えられなかったオイラです。(おぃ)
自身の正体が神獣なのに同じ神獣である青龍の加護が受けられるのか?などとゆー下らないツッコミもしてみたり。
戦闘中の土属性攻撃の時に実はしっかり力の象徴として麒麟の姿が画面に出てたのには笑えたよ、意外と芸が細かいな、って。(笑)
文句なくラブキャラ決定。

●地の青龍
俺様キャラ出たーッ!って感じ?(笑)
最初は敵キャラってのとか政略結婚イベントとかが実にツボったアシュヴィン。
美味しい立位置だよ、絶対。
皇子ってコトで喋り方とかも凄いツボにきた。
彼に関してはまだまだ今後熱が高まる可能性アリ。
オイラの場合、オフィシャル以外の萌え補給次第なのだよ、どこぞで素敵小説(漫画含む)とか仕入れられれば萌え度が上昇するっつーか。(笑)

●天の朱雀
有翼人ですよ、すんごぃいじりたいキャラですよ。(←ネタ的に/笑)
多くの人と同じ事を言ってしまえば、「何て可愛い31歳なんだ!」に尽きますな。(いや、ほんまに)
サザキって名前がミソサザイ(だっけか)からきてるってとこも可愛いだろ、オイ。
放っておけない度ナンバーワンです、カリガネの気持ちがよーっく分かるっつーか。(笑)
オイラ的にはラブキャラっつーよりは好きキャラに分類されるのですが。
愛なんてなくても良いから一緒にいたいぜ、って感じ?(意味…通じるかな/不安)
でも流石ネオロマって思ったのは、後半(個人の書に入ってから特に)かっこよかったコト!
可愛いだけじゃないぜ、やる時ゃやるぜ、みたいなー。

●地の朱雀
那岐も風早に次いでプレイ前からお気に入りキャラ。
現代組はゲーム開始時点より以前に確固たる絆がある筈なので、そーゆー事情設定(?)が余計にツボりますな。
つーか、制服姿がめっちゃ好きなんですけど。(笑)
彼も今後まだまだ萌え度上昇の可能性アリ。
現代設定の話とか凄い漁りたいもん。(←凄い理由だ/爆笑)
素直になれない性格ってのが個人的にポイント高かったな!

●天の白虎
ごめん、先に謝っておく!(爆)
プレイ中はそれなりにときめく部分もあるけど、布都彦が一番俺的範疇外キャラだったよ。(土下座)
あ~…オイラ、アンジェでもマルセルが一番恋愛対象外だから~…ごめんなさい。(苦笑)
素直過ぎて、きっとオイラには眩し過ぎるんだね、彼は。(おぃ)
那岐じゃないけど、からかって可愛がりたいってのはある。

●地の白虎
まさにダークホースでした、柊。
プレイ中は個人の書に入るまではマジで全然魅力を理解出来なかったっつーか、あまりにも彼が本心を曝け出さない…出さな過ぎるキャラなので気付いてあげられなかったんだな。
本気で彼に謝りたいくらいに!
至らなかったオイラを許してくれ!!(訴)
喋り方に特徴があるせいでホント、掴めないキャラだったんだよぅ、…と言い訳してみる。
彼の過去、力、背景なんかが分かってからは胸が痛いくらいに応援したくなったし!(プレイヤー視点としてはおかしいかもしらんが)
柊だけに関しては、熱が上がった理由はゲーム本編(広い意味でオフィシャル)以外によるものが実は大きかったり。
風早の話が読みたくてファンサイト巡りしてたら凄い柊の魅力全開のとこに辿り着けちゃってね…オイラがお馬鹿で分かってあげられなかった彼の人となりを補完出来たおかげです。
マジでその辿り着けた素敵サイト様に多大なる感謝を感じとります。

●天の玄武
遠夜はアシュヴィンと別の意味で美味しいキャラだと思われ。(笑)
布都彦の素直さとはまた少し違う、純粋で無垢なところが魅力だよね。
設定の深さもツボった部分。
因みに個人的には、サザキ達の宴会に出てたり、結構実は社交派?って思えたスチルに笑えた。
んでもって、プレイ前半っつーか初期は彼の特技「歌」が大活躍した!(爆笑)
今後まだ萌え度上昇の可能性アリ。

●地の玄武
忍人も風早と同じでEDが2つあるけどアレってホント…卑怯だよね、乙女(誰が?とかつっこんではイケナイ)の心を鷲掴みにするよ!
切なさ大爆発だよ、号泣モンだよ、そしてキュン死したよ、本気で。
風早の別離と違って死亡EDだったせいか、あちこちで批判的な感想も見たんだけど、オイラ的には、やはりあの2つのED、両方があるからこそハマれたって感じかな。
これは風早だけじゃなく柊にも共通するんだけど、幸せなEDを迎えても「今までの経験や記憶…想い出を共有した本当の相手ではない」って部分が実~に切なさを添えてくれちゃったりする。
別の時空を知ってる、思い出す、…う~ん、ボキャ貧困なオイラには上手く言えないけど凄く重要で心動かされた要素なんだな、この切なさの原因ってば。
同じ名前を持つ同じ人間(※風早だけは微妙だけど/笑)だけど、幸せを手に入れたけど、…切ないじゃん?(聞くな)
忍人はゲーム本編だけで十分ラブキャラに認定だけど、柊と同じで素敵サイト様のおかげで更に熱が上がりました、感謝感激。
そして関係ないけど、主人公からの呼び方が何故彼1人だけ「さん付け」なのかが知りたい。(笑)

ここでちょろっと、短時間落書きのネタを貼ってみるよ、ぺたり。
あくまでもネタなので笑って許して下さい、苦情は受付しとりません。(爆)
せめてコマ漫画で描ければ良いんだけど、そんな技術は持っとらんので描いたものをテキトーに並べただけ。
一応上から順に流し読み推奨。
題して「同門の絆~千尋を巡る攻防」
(↑謎過ぎな無駄タイトル/笑)
軍師の主張

将軍の主張

従者の主張
携帯から文字が見えるか謎、読めなかったらすんません。(汗)
そして全然爽やかな笑顔にならんかった風早に軽く謝罪…オイラ、もっと頑張るね。(何をだ)
この攻防には常世の皇子も混ぜたいです、単に3枚分でオイラが力尽きただけです、俺様なアシュに更にリブにつっこんでほしいです、妄想がとまりません。(笑)

あれこれ語ってみましたが、ひとまず全攻略一巡して現時点では同門組、現代組にラヴ
次の機会ではサブキャラについても語ってみたいぞ、と。
…あくまでも予定は未定~。(コラ)

にほんブログ村 人気ブログランキング

|

« 垂れ流し…愛…その1 | トップページ | 垂れ流し…愛…その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 垂れ流し…愛…その2:

« 垂れ流し…愛…その1 | トップページ | 垂れ流し…愛…その3 »