« 2011年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2011年4月

2011年4月 7日 (木)

二転三転。

色んな事が重なり勤務予定が二転三転とコロコロ変わっている今日この頃です。
キモチ的な事を書くのは自重して(おぃ)、当たり障りの無い、かつ、明るめ(?)の話題だけを書こうとしてたらこんなにまた間があいてしまったという…あれ?(苦笑)
当初、今月は丸々一ヶ月応援でまた隣県勤務の筈だったんすが蓋を開けてみたら半分以上が通常勤務地だったというのが今月頭つか先月末の話で、現時点では応援が全部無くなって結局は残り全部いつも通りになったという…もうどうでもええけど。
転勤したてのニューフェイスな彼がいきなり入院することになったからなのですが、ここでまた痛感したのは「何事も不調を感じたら我慢は(なるべく)せずに、すぐに病院に行って診てもらうべき」っつー事ですよ。
皆やりがちだけどね。(苦笑)

さてさて、約束事をオールすっぽかし状態で申し訳なさMAXなのはいつもの話なんすが、今日はちろっとオイラ的に元気が出たネタというか久々にUP出来るブツが描けた元になったネタ(何じゃそりゃ)のご披露です。
因みに絵が下手でワンパターンなのは相変わらずなのでそこはスルーしてね。
斉天大聖
カッコエエお猿の大王が描きたかった筈なんすが…所詮俺でした、ちくしょー。
西遊記と言えば年代的に夏目雅子の玄奘三蔵、なオイラですが、マチャアキの悟空より惚れてしまった悟空がいるのですよ。
それは香港の俳優であり歌手である張衛健(ディッキー・チョン)が演じる孫悟空。
途中というか続きの2作目からは俳優さんが代わってて別の人が演じてるんだけど、断然1の悟空のほうがカッコエエのですよ。(2はどっちかというとカワエエ悟空)
あまりのイケメンぶりに全話見てしまったくらい。(2も含め)
つか、三蔵もイケメンです、こんな師匠欲しいぜ。
オイラが見たのは吹き替え版(詳しくは不明だけどおそらく北京語の吹き替えだと思われる)なんだけど、原語の広東語版で是非彼等の生声で再度全話見たいくらいには惚れました。
ようつべやらニコ動で探せば見れるので興味がある方は是非。(笑)
つかね、笑えるのは、最初は吹き替えだって気付いてなかったのさ。
悟空が歌うシーンがあって(天界で大勢の仙人達と飲めや歌えやの宴会騒ぎする場面)そこで声が違うのに初めて気付いたんだよね、しかも歌上手いし。
のあああ、よく聴いたらそもそも主題歌も挿入歌も悟空つか張衛健が歌ってたぁああああ!
いやもうほんまに、ここ最近の元気、だいぶ貰ったのですよ、ディッキーの大王に。
そんなワケで、久々の絵更新の元ネタでした、おわり。(笑)

ついでにオマケ。
似せて描こうとして失敗したエセ孫悟空。

Goku2
あくまでもイメージは「張衛健」です、と言い張る。(核爆)

にほんブログ村 人気ブログランキング blogram投票ボタン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2014年5月 »